<   2016年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧

【栄養部だより Vol.8】

 こんにちは〜きたおおじ栄養部です。
今年は本当に梅雨らしい梅雨で雨が多いですね。恵みの雨でもありますがやはりお日様が恋しくもなりますね。皆さん体調崩したりされていませんか。

 さてさて雨の多いこの6月、旧暦の月名は水無月と言います。こんな雨の多いときになぜ水が無い月なのか‥‥諸説あるようですが、それはさて置き、京都では6月30日に水無月というお菓子を食べます。関東から来た私は京都に来るまで水無月というお菓子を知りませんでした。この水無月の由来は平安時代にさかのぼります。旧暦の6月は夏の盛り。宮中では北山の氷室で保存してきた冬の氷を切り出して、夏越しの祓いをする6月30日、水無月晦日の日に食し暑気払いをしました。この宮中の風習が民間にも伝わり、氷片に憧れた人々が氷の形をしたお菓子を作り、これが水無月になったと伝えられています。また水無月を食べることは疱瘡にかからないためのおまじないとも言われています。水無月の上に散らした小豆を疱瘡のかさぶたに見立てたと知ると少々食べにくくなりますが、それほどに疱瘡は命取りになる恐い病気だったと言えます。

 この小豆、たんぱく質、ビタミンB1、B2、食物繊維、カリウム、ポリフェノールなどを多く含み、特にカリウムの効能によるところの利尿作用はむくみを解消してくれる高い効果があります。宮中の習わしから生まれた水無月ですが、体調を崩しやすいこの季節に、栄養面でも優れた食材を取り入れていた先人の知恵にまたまた頭が下がります。
 皆さんもしっかり食べて水分も摂って、梅雨バテしないようにして夏に備えてお過ごしください。

写真はおやつレクで、牛乳パックと電子レンジを使って作った水無月です。
d0321786_06185792.jpeg
d0321786_06193196.jpeg


[PR]
by kitaooji8025 | 2016-06-30 06:17 | 栄養部