【栄養部だより Vol.9】

 こんにちは〜栄養部です。
暑中お見舞い申し上げます。
いよいよ夏本番ですね。皆さん食欲落ちたりしていませんか?夏バテで素麺ばかりっていう方も多いのでは。暑くて食べるのも作るのも億劫となると、ついついのどごしよく、簡単な麺類などに走りがち。となると糖質中心に偏り、それがますます夏バテに拍車をかけて、なんてことになってしまいます。糖質は体内でエネルギー源として利用される重要な成分ですが、その糖質をエネルギーに変えるには大量のビタミンB1が消費されます。ビタミンB1は主に肉類に含まれていますが、中でも豚肉に多く含まれています。 その他の食材では大豆、ゴマ、胚芽、ウナギなどが挙げられます。ですから麺類の付け合わせとして、これらのものを一緒に食べることで効率良くエネルギーが産生されます。また、素麺などの薬味に使われるネギ類に含まれるアリシンという成分は、ビタミンB1が効率良く吸収することを助けてくれます。
例えば夏バテ対策メニューに、素麺と、茹でた薄切りの豚肉、薬味にネギやゴマを添えたものなんかはいかがでしょうか?
 7月30日は土用の丑の日でした。土用の丑と言えばウナギ。ウナギには先ほどのビタミンB1の他、ビタミンAが飛び抜けて多く含まれています。ビタミンAは免疫力を高める働きがあるため、これもまた夏バテに効果大なのです。
 きたおおじでは土用の丑の日、昼食にウナギが登場しました。食べやすいようにひつまぶし風の盛り付けで、普段あまり出てこない献立に、皆さんとても喜んで食べられていました。
d0321786_00535568.jpeg

 バランス良く食べるに越したことはありませんが、それがなかなかできないこの季節、食べられるときは少しずつでも栄養価の高いものを食べ、暑い夏を乗り切りましょう!


[PR]
by kitaooji8025 | 2016-08-05 00:43 | 栄養部